お気に入りの婚約指輪にしたいならデザインが決め手

婚約指輪選びの決め手は、デザインにあり

指輪選びの際、選択肢になる条件は、デザイン、価格、素材、石のカット、ブランド、店員の対応、アフターフォロー、と書き並べるだけでも数多くあります。ですが、この中で女性が一番こだわっているのはデザインです。
指輪はジュエリーですし、身に着けるものです。女性はファッションにもこだわりを持っており、指輪のデザインもファッションの一部と言えます。
さて、結婚後、婚約指輪はどのようなシーンで身に着けることが多いのでしょうか。調べてみると、彼との外食に出かけた時、子供の入学式・卒業式などフォーマルなシーン、彼の両親・親族に会うような席で身に着けられていることが分かりました。
宝の持ち腐れにならない様、また長く大切にしていけるよう、デザインにはこだわりを持って、しっかり指輪選びをした方が良いと言えますね。

知っておきたいデザインの選択肢

婚約指輪のデザインを選ぶ時は、専門店のwebサイトや店頭で自分のセンスで選ぶのも大切ですが、指輪への知識を事前につけ選択肢を幅広くしておく事も重要です。婚約指輪には、5種類の基本デザインがあります。以下に紹介していきましょう。
石を1粒セットした定番デザインの「ソリティア」、メイン石の両サイドに小粒の石をセットした「メレ」、アームに石を敷き詰めた「パヴェ」、そして「エタニティ」は同じサイズとカットの石をぐるりと並べたデザインです。最後にカラーダイヤや、カラーストーンをセットした「色石リング」もあります。
各種類の指輪を比べてみれば、女性も自分の好みが明確に分かることでしょう。また、購入方法も既製品の他に、セミオーダー、オーダーがあるので、世界でひとつ、自分たちだけのデザインの指輪を手にすることも出来ます。
デザインにはしっかりこだわって、大切な想い出として形を残しましょう。

婚約指輪を銀座で販売している店舗では、幅広い価格帯の商品が揃っているため、予算に応じて選びたい場合でも安心です。