必ず喜んでもらえる婚約指輪を選ぶために

素材で決まる色と着け心地

婚約指輪というとプラチナリングをイメージする方が多いと思います。プラチナの特徴は安定した金属で変色や変質の心配が無く、肌にも優しいという点です。白く美しい色合いをしていて、色白の方に似合います。一方、ゴールドは健康的な小麦色の肌で奇麗に見えます。また、ゴールドの中でも色が複数あり、華やかさを出すならイエロー、柔らかな優しい雰囲気を出すならピンクがお勧めです。どちらも気になる場合はプラチナとゴールドを合わせたコンビネーションリングもあります。肌の色や普段着ている服の色などを参考に似合う色を探して下さい。
また、金属アレルギーの心配なら木で作った指輪もあります。素材となる木の種類によって色合いが異なります

宝石とデザインで決まる印象

婚約指輪と言えば爪で留られたダイヤモンドのイメージが多いと思います。しかし指輪にできる宝石はダイヤモンドだけではありません。例えば誕生石が挙げられます。誕生月で決められた宝石にはそれぞれ意味が込められており、それぞれに違った魅力があります。定番にこだわらず好みの宝石を選べばより指輪に愛着を持てるでしょう。
指輪のデザインとして、幅の太さは印象を大きく左右します。幅が太いほど存在感があり、日付やイニシャルを刻印がしやすいというメリットがあります。反対に細い方が自然な着け心地で、落ち着いた雰囲気を感じます。また波打つようなデザインのウェーブ、2つのリングが重なっているかのようなクロスなど様々なデザインがあります。お店で色々実際にはめ、自分の指を一番きれいに見せるデザインを探して下さい。

結婚指輪を銀座で注文する際には、品質の良いアイテムが扱われているブランドの最新商品を試着してみることが有効です。